FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霞の日記帳 1頁目「初めてのオナニー」

霞の身体に憑依した聡-以下【霞(聡)】は暇つぶしに
(霞の)机の中をあさると何やらノートを見つけ、それを
開くと霞の今までの出来事を綴っている日記があった。
霞(聡)はおもしろそうなのでそれを読んでみた。



6月11日(月)、晴れ

今日は放課後に香織ちゃんと一緒にショッピングをしていました

服を選んでいるときに気に入った服があったのですが、

買おうと思ったら、一万円もしたので買えませんでした><

今はお金が三千円しかなく、

親に頼んで買ってもらおうと思いました

もしそれがダメだったらお兄ちゃんにでも

頼んでみようかな

お兄ちゃん、やさしいから買ってくれるかも



6月28日(木)、くもり

今日は久々に宿題が多く出ました

香織ちゃんの家に行って

一緒にやったけど、結局終わりませんでした><

それで徹夜が決定しました;;



7月14日(土)、晴れ

今日は家族で海へ行きました

私は泳げないので

ずっと海のほうを見ているだけでしたが

途中でお兄ちゃんに誘われて

泳ぎの練習に付き合ってくれました

そしたら、泳げなくとも

潜ることができました

今度は泳げるようにがんばりたいです



8月1日(水)、晴れ時々くもり

今日は花火大会があるということで

友達数名と一緒に行くことになりました

夕方の5時ころにみんなと集まって

ひととおり、お店を見て回ることにしました

・・・・・・・



8月12日(日)、くもり時々雨

今日は家族で墓参りに行きました

昨日、かってきたお菓子などを

お墓に添えました

少し雨が降っており、

ろうそくの火が弱くなりましたが

・・・・・・・・

8月27日(月)、晴れ

今日は始業式で午前中だけで学校が終わりました

私は帰りに香織ちゃんと一緒に本屋に行きました

香織ちゃんの勧めで、ある一冊の本を買うことにしました

それは恋愛小説です・・・・・・・・・・・・・

帰ったら読もうと思います



と、8月27日(月)までほぼ毎日、今までの出来事を綴っていた。
だが、8月28日(火)-聡が霞の身体に初めて憑依した日からは何も書かれていない。

霞(聡)はこれを見て良いことを思いつき、霞の代わりに日記を書き始めた。

霞(聡)は日記の続きを霞に成りきり、綴ってみた。



8月28日(火)、くもり

今日は通学中に電車に乗ったら真ん中の

ほうに席がひとつ空いていたのでそこに座りました

私は鞄から昨日買ってきた小説を取り出して

読書をして時間をつぶしていました

だけど本を読んでいる最中に急に

眠気に襲われてしまい・・・・・・・

私はついに意識がなくなり眠ってしまいました

どうやら『永田聡』という男の人の霊が私の

身体に取り憑いたようです

今後は彼が私の代わりに私に成り済まして

私自身ではできなかった恥ずかしいことを

たくさんしてくれるそうです・・・・・・・・・・

と、いうことで今日学校が終わって家に帰ったら

さっそく部屋でオナニーをしようと思います(((( *ノノ)

オナニーは今までに一度もしたことがないので

とても楽しみです・・・・・・・・・・・・・

早くこの私のきれいな身体をいっぱい苛めて

汚したいです(*´д`*)ハァハァ

・・・・・・・・・・・・・・

そして、

夕方になり私は学校が終わり家に帰宅しました

身体がムラムラしており、もうこれ以上我慢でき

なかったので急いで自分の部屋に入り

恥ずかしいことをハジめることにしました><

私は掛け鏡の前に立ち、セーラー服の上に

両手を使って胸を揉みほぐしました

そのあと、左手をスカートの中に忍ばせて

ショーツの上から私の秘部を撫でました

すると私は興奮してしまい、

オンナの嫌らしい声を出してしまいました

そして刺激をもっと強くすると限界を迎えてしまい

私の秘部から今まで・・・・・・・・・・

14年間溜めておいた愛液が

たっぷりと噴出してしまいました

今までに味わったことのない快感だったので

またやろうと思います(*´д`*)ハァハァ

こういうふうに私に代わって私の身体で

嫌らしいことができるのも

永田聡さんが私の身体に憑依してくれたおかげです

これからもどんどん私の身体を汚してほしいです♪



8月29日(水)、くもり

今日は朝から身体がムズムズしていて

集中できませんでした

電車の中でも学校の中でも落ち着かず、

休み時間や誰も見ていないときに

スカートの中の秘部を弄りたかったです

そんなことを思いながらも家に帰り、

部屋に入ると、身体がますます

ムラムラしてきました

そのため、私はベッドに座り左手で胸を

揉み始めました

そうしたら、興奮して

今度はスカートを捲り、

ショーツを外して、

私の恥ずかしい部分に手を当て、

擦り始めました

それがすごく気持ち良くて

ずっと続けてたら

無意識のうちに私は喘ぎ声を出していました

親にバレてないか心配です

でも気持ちよかったので、

明日もまたオナニーをしようと思います♪



と、霞(聡)は霞に成りきり、彼女であれば
絶対に書かないであろう嫌らしい内容を綴った。

「よし、毎日書くぞぉ~」

霞の身体を手に入れた聡は宣言した。

そうして霞(聡)は今後、霞のオナニーや家族、友達
いろいろな人とのセックスなど、淫乱な出来事を綴る事にした。

こうして霞(聡)は『おなにっき』を書き始めた。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。